2007年11月16日

流行語大賞に60語ノミネート「そんなの関係ねぇ」「別に…」

1年間の世相を反映し、強いインパクトを残した言葉に贈られる「2007 ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート60語が15日、事務局から発表された。

海パン1枚で、妙に鍛えられた肉体を露出。床にひざまずき、尻から立ち上がって「そんなの関係ねぇ」と叫び、最後は白目をむきながら「オッパッピー」とひとこと。今年お笑い界でもっともブレークした小島よしお(27)=写真上=のギャグが、60語中、2語もランクインした。

芸能界からはほかに、ふてぶてしい態度が物議を醸した女優、沢尻エリカ(21)の「別に…」、スポーツ界では“ハンカチ王子”こと早大・斎藤佑樹投手(19)に刺激を受けて活躍した同世代の楽天・田中将大投手(19)ら「ハンカチ世代」がノミネートされた。

政治関連では東国原英夫宮崎県知事(50)=写真下=が発した宮崎弁「どげんかせんといかん」、安倍晋三前首相(53)にまつわる「お友達内閣」「KY」「身体検査」など複数登場している。

12月3日に60語の中から、トップ10と年間大賞が発表される。

小島よしおのギャグ「そんなの関係ねぇ」を馬名にした「ソンナノカンケーネ」(牡2歳)が10日に東京競馬(府中市)でデビューしたことは後押しとなるのか!?




◆「ハンカチ世代」の田中将大投手
「まだ、そういう風に呼ばれているとは思わなかったです」



◆「どげんかせんといかん」などがノミネートされた宮崎県の東国原英夫知事(50)
「とてもうれしい。宮崎の方言が市民権を得るということに対して誇り、喜びを感じている」


posted by ちー at 14:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能:裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。