2007年11月16日

川島なお美、ガマンできずにオノロケ会見「彼はシャンパン!」

川島なお美
川島、結婚認めた! 日本を代表するパティシエ(菓子職人)の1人、鎧塚(よろいずか)俊彦さん(42)と結婚することがサンケイスポーツ報道で発覚した女優、川島なお美(47)が15日、都内で行われたイベントに出席。結婚を前提とした交際を認め、「ワインに例えるなら、彼はシャンパン!」と、満面の笑みを弾けさせた。



幸せいっぱいの笑顔だった。

この日は報道後、初の公の場とあって、質問は結婚に集中。来週発売の女性誌で独占告白する経緯もあって、婚約会見を兼ねた23日の誕生パーティーまで話さない方針を貫くはずだった。が、ボジョレヌーボの解禁イベントに合わせ、報道陣から「ワインは誰と飲みたい?」と質問され、「私の1番大事な方と…」とぽろり。

「それは誰?」とさらなる突っ込みを受けると、「みなさんご存じでしょ?」と含み笑い。「結婚を考えている? はい。相手は鎧塚さん? はい」とうれしさをこらえきれず、口を滑らせた。

鎧塚さんの印象については「それはもう、人生の相方に選んだ方なので、優しくて、男らしくて、お仕事も志が高く尊敬に値する人。だけど、かわいくてチャーミングで。背は私より高いですね」とノロケまくり。

「私の血にはワインが流れている」と公言するほどワイン好きで知られる川島だが、「彼をワインに例えると?」の質問には、「う〜ん、シャンパンじゃないですかね」と、さわやかさを強調した。

この日は自身がプロデュースしたワイングラスの販売会も行われたが、「将来はいろんなお皿のプロデュースにも挑戦したい。デザート皿とか」と、人気パティシエの妻として、夫を陰ながら支えるプランも告白。

「でもそれよりも自分自身がいい器でいたい、彼にとって。彼は今も仕事中ですし、もう少し休んでくれると」と、多忙な夫を気遣った。

入籍、挙式など詳細については、23日の誕生日パーティーで改めて報告するとした。報道陣から「ボジョレ解禁の今夜はすてきな夜に?」と向けられると、「私にはこれから先、もっともっとすてきな夜があるので」とにっこり。「23日に結婚報告を期待していいですね」と念を押され、「はい!」と最高の笑顔でうなずいていた。


★鎧塚さんはカリスマシェフ

鎧塚さんは、東京・恵比寿と六本木にある人気デザート店「トシ・ヨロイヅカ」のオーナーシェフ。30歳から8年間欧州で修業し、35歳のとき国際菓子コンクールで優勝。ベルギーの仏料理店「ブリュノウ」では、日本人初の三つ星レストランのシェフパティシエを務めた。スイーツ好きの女性なら知らない人がいないほどのカリスマシェフだ。



世界的なパテシエもいいけど、やっぱりドクターは捨てられない!
1年でお医者さんと結婚するための極秘成功テクニック20!








posted by ちー at 13:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人:女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。