2007年10月14日

本名「西村うの」となりました!2人そろって婚姻届を提出

神田うの
8日に大手レジャー産業グループ社長の西村拓郎氏(37)と挙式・披露宴を行ったタレント、神田うの(32)が大安の13日、2人そろって東京・世田谷区役所を訪れ、婚姻届を提出した。うのは同日、「10月13日(土)大安」と題した自身のブログで「西村拓郎さんと晴れて正式な『夫婦』となり、本名が『西村うの』となりました」と幸せいっぱいにファンに報告した。



厳かな神前式、盛大な6億円披露宴から5日。セレブカップルが晴れて戸籍上でも夫婦となった。

うのは自身のブログで「わたくし神田うのは、夫・西村拓郎さんと区役所へ婚姻届を提出し、晴れて正式な『夫婦』となり、本名が『西村うの』となりましたことをご報告申し上げます」と、名実ともに夫婦となった喜びを綴った。

入籍の地に選んだのは西村氏の本籍がある世田谷区役所だった。午前11時40分、雲ひとつない秋晴れの中、黒のミニワンピース姿のうのと、黒のスーツ姿の西村氏は寄り添って庁舎の中へ。関係者によると、2人は仲むつまじく並んで窓口に婚姻届を提出した。手続き中は緊張もみせず、終始幸せいっぱいの笑顔を振りまいていたという。

婚姻届提出後は、そのまま2人で都内にある西村家の墓へ行き、先祖へ結婚を報告。8日に東京・明治神宮での挙式後、紀尾井町のホテルニューオータニで6億円をかけたともいわれる豪華披露宴を開き、当日の単独会見で「(結婚の実感は)まったくありません」と話していたうのも、入籍と墓前への結婚報告を終え「少しずつですが結婚の実感がでてきたと同時に家族が増えたという喜びを感じます」と“西村うの”になった喜びをかみしめている様子だ。

うのは「大変多くの皆様から祝福をいただき、うれしくて楽しかった」と挙式・披露宴を振り返り、「私が皆様に恩返しができるのは、お仕事でお返しするのが一番♪だと思います。これからも『神田うの業』を精一杯続けて参りますので、皆様からの変わらぬ応援を頂戴できれば光栄です!」と新たな門出に意欲満々。最後は「『神田うの』が芸名となったうのより」とちゃめっ気たっぷりに綴っている。




★「メントレG」が式の準備に密着

8日の挙式・披露宴の模様が、14日放送のフジテレビ系「メントレG」(後9・0)で紹介される。同番組は4月から約半年間、式の準備をするうのに密着。着用ドレスのデザイン決めや引き出物選びなどの秘蔵映像に加え、当日の裏側などが紹介される。

一方、19日放送の同局系「金曜日の告白」(後7・0)では、うのをゲストに迎え、日常生活から挙式・披露宴を迎えるまでのエピソード、本番の舞台裏を紹介。披露宴で話題となった「2人のなれ初めビデオ」も公開される。

幸せが壊れそうな人でも、うのさんのような幸せを取り戻せます!!
離婚復縁者が告白する、幸せな夫婦生活を取り戻す方法!


気になるランキングは?


posted by ちー at 20:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人:女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。