2007年10月08日

台風一過の大盛況だ!NEWSに台北っ子2万6000人!

news
大型の台風15号の影響で前日6日の公演を急きょ中止した人気グループ、NEWSが7日、台北アリーナで振り替え公演を含む昼夜2公演を行った。6日の“リベンジ”とばかりに、メンバー6人はフルパワーで完全燃焼。計2万6000人の台北っ子を前に、熱いステージを展開した。初の海外公演を大成功で飾った山下智久(22)は、「台湾の方々の心の温かさにほれました」と大感激していた。



NEWSの熱い魂が、台北アリーナで炸裂した。初の海外公演初日を台湾史上最大級の台風で中止に追い込まれ、まさに水をさされた格好だったが、その“リベンジ”とばかりに、昼夜それぞれ2時間30分のステージをホットに駆け抜けた。

各公演ともに、会場の1万3000人のボルテージは上がりっぱなし。熱気と興奮が渦巻くなか、メンバーは43メートルもの高さからゴンドラに乗って登場し、1曲目「星をめざして」を歌いながらステージ中央に降下。新曲「weeeek」を初披露したほか、デビュー曲「NEWSニッポン」の一部を北京語で歌うと、会場の声援は一段と大きく響いた。

全25曲を、激しいダンスと心に響く歌で熱唱した6人。曲間のトークでは全員が北京語で自己紹介した。バク転まで披露するサービスを見せた山下が「カイシン・マー?(みなさん、楽しんでいますか)」と呼び掛ければ、錦戸亮(22)は「ウォー・アイ・ニーメン(愛してるよ)」と叫んで、台北っ子のハートをわしづかみにした。

NEWSのライブに合わせたかのように、台風15号は6日深夜に台湾北部から海に抜け、中国大陸方向へ。直撃を受けた台北も、昼公演スタート時には小雨になっていた。ただ、現地の報道によると、全土で6人が死亡、3人が行方不明となり、123人がけがを負った。台北市などで222万戸が停電したほか、交通機関にも大幅な影響が出た。にもかかわらず、彼らのために2万6000人が駆けつけた。

猛威を奮い、深い爪跡を残した台風を吹き飛ばすかのような熱いステージで魅了し、ファンの声援にこたえたNEWS。初の海外公演を大成功させた山下は「台風のアクシデントがありながらも、みんな盛り上がってくれて、パワーをもらいました」と大感激。錦戸亮(22)も「みんなの声がすごく大きくて。また来たい!」と再びこの地を訪れることを約束した。

日本での国内ツアーも発表され、ますますNEWSが勢いづく。


★CDの売り上げ台湾で1位連発

NEWSは2年前のアルバム「touch」や今年のシングル「星をめざして」など3作品を台湾で発売し、3作品とも現地のセールスチャートで1位を獲得。また、手越祐也(19)と増田貴久(21)のユニット「テゴマス」のシングル「ミソスープ」など2曲も同チャートで1位を獲得するなど、高い人気を誇っている。


★お茶の間も沸かせます!

NEWSがイメージキャラクターとして出演するクリムゾンの総合サーフブランド「RUSS−K(ラスケイ)」の第2弾CMが19日からオンエアされる。

「何系でもないRUSS−K」篇と題した新CMは、圧巻なダンスパフォーマンスが見どころだ。「ラスケイ」のダウンジャケットに身を包んだメンバー6人が、山下智久(22)から順に、小山慶一郎(23)、加藤成亮(20)、増田貴久(21)、錦戸亮(22)、手越祐也(19)へと、リレー形式でストリートダンスを披露。再び山下へと戻ったところで、メンバー全員がクールなポーズを決める。

前回に引き続き使用されるノリのいいCMソング「weeeek(ウィーク)」は、11月7日に新曲として発売されることが決定。山下は同曲について、「元気を分けられる曲なので、それがみんなに届くように一生懸命歌っていきたい」とメッセージを送っている。


ラベル:NEWS
posted by ちー at 17:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人:グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。