2007年10月08日

闘拳が牙むいた!アッコまたキレた!!エリカ様騒動収拾つかず

プロボクサー、亀田興毅(20)が7日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前10・0)に生出演。9月29日に映画「クローズド・ノート」の舞台あいさつでファンを前に不機嫌な態度を取った女優、沢尻エリカ(21)に対し、「やってええ場所と悪い場所がある」と手厳しく言い放った。歌手の和田アキ子(57)も別番組で「殴ってやろうか」と怒りをあらわに。エリカ様騒動は、まだまだ収まりそうにない。



“浪速の闘拳”が、女王エリカ様に牙をむいた。亀田は番組冒頭からサングラスをかけ、両手をズボンのポケットに突っ込むいつもの“亀田流スタイル”で登場した。

沢尻問題にコメントを求められると「やってええ場所と悪い場所が…」。言い終わらないうちに司会の爆笑問題、太田光(42)に「お前が言うか!」と突っ込まれても、予期していたかのように平然としたまま。「対戦相手にメンチ切ったりはするけど、お客さんにはせえへん。お金払って来てくれる人に失礼や」と説明した。

同じエンターテイナーとしてエリカ様が観客に不快な思いをさせたことを問題視し、「試合終わってリングで『お客さんに感想を』と質問されて『別に…』じゃダメ。映画(の舞台あいさつ)はそういう場所。ちゃんとせんと」とくぎを刺した。

ただ、「俺はああいう気持ちは好きや。日本人にはないやんか」とエリカ様の強烈すぎる自己主張は自分と重なる部分があるためか、評価していた。最後に「ああいう女性はタイプ?」との質問されると、急に照れたような表情で「苦手やから、女の人は…」としどろもどろになっていた。

一方、和田はTBS系「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)で、先週の放送に引き続いて沢尻を批判。前日6日のニッポン放送「アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・0)では「沢尻はもういいよ。謝ったんだから」とトーンダウンしていたが、問題の映像をこの日初めて見たことで、再び怒りが点火。「殴ってやろうか」とジェスチャーを交えて言い放った。

さらに、力士死亡問題に揺れる角界に引っかけて、「私なりの『かわいがり』」と発言したが、不謹慎と思ったのか、すぐに撤回。「新聞に書かないで」と小さくなっていた。

ラベル:エリカ様 キレた
posted by ちー at 17:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人:女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。