2007年10月05日

あの“エリカ様”が号泣!女王様モード返上で騒動を謝罪

沢尻エリカ
主演映画「クローズド・ノート」(行定勲監督)の初日舞台あいさつでの不機嫌な態度が物議を醸している女優、沢尻エリカ(21)が4日、テレビ朝日系「スーパーモーニング」(月〜金曜前8・0)で独占告白した。2時間超のインタビューで、沢尻は「自分の行動ですべてをぶち壊してしまった…」と号泣。女王様キャラを“返上”して謝罪した。



「自分が人として未熟だった。(人前に)出る側の人間として、常に期待に応えていかないといけない立場なのに裏切ってしまった。本当に申し訳ないと思っています」

2時間に及ぶインタビューの最後の質問。赤江珠緒キャスター(32)から「ファンや関係者に一番伝えたいことは?」と問われた沢尻は、10分以上沈黙した後、大粒の涙をこぼして心境を吐露した。

同番組の取材は当初、先月29日の舞台あいさつ直後に行われる予定だったが、沢尻が体調不良を理由にドタキャン。赤江キャスターが1日放送の番組内で「1つ貸しですよ」と沢尻に呼び掛けたことから、3日午後にインタビューが実現した。

騒動後、沢尻が報道関係者に公に会うのは初めて。黒いジャケットにジーンズ姿で登場した沢尻は“エリカ様”モードを封印し、「(舞台あいさつでの態度は)自分でも最低だったと思う。この場を借りてっていうのも変ですけど、おわびしたい気持ちです。本当にすいませんでした」と謝罪。一部で謹慎の可能性も報じられたが、「今後のパフォーマンスで返したい」と報道を否定したうえで、今後の女優業継続に意欲をみせた。

一方、不機嫌な態度をとった理由については(1)100媒体を超える取材に疲れていた(2)舞台あいさつの衣装が気に入らなかった−など憶測が飛んでいるが、「“原因”はもちろんあります。でも問題はそこにあるのではなく、ファンや記者の前に私情を持ち込んでしまったこと。私情を持ち込んだこと自体がプロとして最低なことでした」と明言を避けた。

沢尻が流した“ケジメの涙”。初めてカメラの前で謝罪したことで、騒動は終息に向かうのか!?

こういう「悪い子」は半強制的に操る必要が・・・
潜在意識レベルで女性を洗脳し恋人にする禁じられた手法。女性の正しい操り方を教えます。

逆に女性はこちらで対抗してください^^
■現役美人タレントが伝授!■冷酷的人間操作法〜■悪用絶対禁止■★〜男女兼用〜



posted by ちー at 20:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人:女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。