2007年09月25日

長井秀和が美人局被害…17歳少女と親、警察らグルだった?

お笑い芸人、長井秀和(37)が5月下旬にフィリピン滞在中、現地日本人通訳と金銭トラブルになり現在、民事裁判中であることが24日、分かった。25日発売の「女性自身」と「FLASH」が報じた。

両誌によると、長井と知人が、ナンパした現地女性2人とそれぞれホテルで過ごした翌日、長井の相手が17歳だったとして少女の親に告発され、現地警察に拘束されたが、保釈金1100万円を払い示談となったという。

だが、この一連の出来事は少女と親、警察などがグルになって、日本人男性を狙った売春勧誘トラブル(美人局)だった疑いがあり、示談の仲介をした通訳との間で裁判中という。「女性自身」は少女とのツーショット写真を掲載した。

長井の所属事務所はサンケイスポーツの取材に「トラブルが起きたのは事実。民事裁判が始まったばかりで係争中のことなので詳細は公平性を欠くためコメントできません」と説明している。

長井自身はコメディアン修業のため今月上旬から1年間の予定で米国留学したばかりだが、「留学とは無関係のこと。長井が出廷する必要が生じれば帰国しますが、今のところなさそうです」と話している。

これを知ってれば、こんな目に遭わなくて済んだのに・・・
↓↓↓↓↓

■悪魔の手引書■女性を瞬間であなたの「もの」にする悪魔のトリック■ The Bible of the devil■
ラベル:美人局 長井秀和
posted by ちー at 12:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人:男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。