2007年09月22日

小倉優子の“女の武器”は煮魚?

小倉優子
タレントの小倉優子が9月18日、TOKYO FMホール(東京・半蔵門)で行われたロバート・ロドリゲス監督最新作「プラネット・テラー in グラインドハウス」の試写会に来場し、同作の宣伝隊長として映画をPRした。

本作は、失った右脚にマシンガンを装着したセクシーなゴーゴーダンサーが、迫り来るゾンビ軍団と熾烈な戦いを繰り広げるという内容で、ロドリゲスの盟友クエンティン・タランティーノと共に、かつてアメリカで流行した“グラインドハウス(=B級映画を2〜3本立てで上映する劇場)”を再現しようと、各々が監督した超B級テイストあふれる作品の1本(全米では「デス・プルーフ」と2本立て上映された)。

“地球最強のヒロイン”を描く本作にちなみ、“こりん星最高(強)のアイドル”である“ゆうこりん”こと小倉優子が、宣伝隊長を務めることになった。

“片脚マシンガン”と女の色気を武器に戦う、ローズ・マッゴーワン演じる主人公チェリー・ダーリンを、「すごくセクシーで、とにかく強い。見た目と違って実は強いという女性が好きなんです」と評したゆうこりんだが、彼女の“女の武器”は「実はお料理が得意なところ」と告白。こりん星のお姫様は意外に家庭的な一面も持っているようで、「一番の得意料理は煮魚」だと明かした。

もしも、こりん星がゾンビに襲われたらと問われると、「私は戦わないです。強い人が助けにきてくれると思います」とコメント。「やっぱり強い男性はいいです。強くて優しくて、よく話を聞いてくれる人がいれば」と理想の男性像を語っていたが、試写の上映開始後に行われたマスコミ向けの会見では、かねてから交際が噂されているお笑いタレントの濱口優(よゐこ)との関係について突っ込まれると、スタッフが質問をさえぎり瞬く間に会見は終了。ワイドショーでおなじみの場面が展開された。

「プラネット・テラー in グラインドハウス」は、9月22日全国公開。

↓↓↓ 驚きの成果 ↓↓↓

恋が叶う陰陽師の秘術4つの呪文


やっぱり計算だった「女性の武器」
↓↓↓↓↓

ゆうこりんの「声」
↑↑↑↑↑

posted by ちー at 01:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人:女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。