2007年09月19日

バトラックスレディ「世紀の瞬間にドキドキ」モトGP日本グランプリ

バトラックスレディ
タイヤメーカー、ブリヂストンのキャンペーンガール「バトラックスレディ」のKEIさん(24)、山内智恵さん(23)、石井寛子さん(22)が東京都千代田区の毎日新聞社デジタルメディア局を訪れ、21〜23日にツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)で開催される2輪ロードレースの最高峰「モトGP世界選手権シリーズ第15戦・日本グランプリ」をPRした。3人は「日本でシリーズチャンピオンが決まるかも。世紀の一瞬をぜひ見に来て」と来場を呼びかけた。



モトGPは、自動車レース最高峰のF1や世界ラリー選手権(WRC)と並ぶ人気と権威を誇る大会で、日本GPはファンにとって年に一度の大イベントだ。メーカー直結のワークスチームや、それに準じたサテライトチームが主体となって覇権を争う。今季は既に8勝を挙げ、年間シリーズ王座に王手をかけているケーシー・ストーナー選手(オーストラリア)を軸に、今季は4勝ながら「史上最強ライダー」といわれるバレンティーノ・ロッシ選手(イタリア)、日本GP三連覇を狙うロリス・カピロッシ選手(同)、前年シリーズ王者のニッキー・ヘイデン選手(米国)らが優勝を争う。中野真矢、玉田誠の日本勢にも注目が集まる。

ブリヂストンが出展するブースでは、ストーナー選手ら同社がサポートするライダーのトークショーや、ライダーのポイントを予想するクイズ、バトラックスレディとの撮影会などのイベントも開催される。ポイント予想クイズでは、選手のサインのほか、ヘルメットやグローブなど“お宝”賞品も用意されるという。

山内さんは「世界最高峰のライダーが勢ぞろいします。他のレースと迫力が違います」と、その魅力を強調。KEIさんは「去年は自分が楽しんでしまいましたが、今年はファンが楽しめるように頑張りたい」と意欲を見せ、石井さんは「目の前でシリーズチャンピオンが決まるかもしれないので、今からドキドキしています」と目を輝かせた。


posted by ちー at 23:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能:裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。