2007年09月14日

ハリー・ポッター、「007」を抜いて史上最もヒットした映画シリーズに

映画「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズが、「007」シリーズを抜いて、史上最もヒットした映画となったことが明らかになった。11日、エンターテイメント誌バラエティ(Variety)とハリウッド・レポーター(Hollywood Reporter)が報じた。

ジェームス・ボンド(James Bond)を主人公とする「007」シリーズは、1962年の『007/ドクター・ノオ(Doctor No)』でスタートし現在までに22作が制作されている人気シリーズ。ところが、J・K・ローリング(J.K. Rowling)原作の小説を映画化した5本の作品が、このほど世界の興行収入でこの「007」シリーズを追い抜いた。

これまでの全世界での興行収入は、「ハリー・ポッター」シリーズが計44億7000万ドル(約5100億円)、「007」シリーズが計44億4000万ドル(約5070億円)。「ハリー・ポッター」シリーズはさらに、「スター・ウォーズ(Star Wars)」シリーズ全6作品の興行収入である42億3000万ドル(約4830億円)も抜いた。

ワーナー・ブラザーズ(Warner Bros.)が発表した数字には、インフレの影響やチケットの値上がりなどは考慮されていないものの、引き続き公開される2本の作品を加えれば、シリーズの興行収入がさらに増える可能性は十分にあると、同社の関係者はみている。

ワーナー・ブラザーズ国内配給部門のダン・フェルマン(Dan Fellman)氏はハリウッド・レポーターの取材に対し、「10年後、『ハリー・ポッター』シリーズの全興行収入がどこまで伸びているかと思うと、ワクワクするね」と語った。

2007年初頭に公開されたシリーズ最新作『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(Harry Potter and the Order of the Phoenix)』の興行収入は、計9億2400万ドル(約1054億円)に達している。



お祝いなどにいかが?
posted by ちー at 16:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能:裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。