2007年09月11日

やる気はギザまんまん!しょこたん“博士”

写真はクリックで拡大表示

中川翔子
タレント、中川翔子(22)が10月6日スタートのニッポン放送「中川翔子のG(ギザ)サイエンス!」(土曜後9・30)で、ラジオパーソナリティーを務めることが10日、分かった。しょこたんが新米研究者になって最先端科学の面白さを伝える、ラジオでは異色の番組だ。中川は「やる気はギザ(しょこたん語で非常に)まんまんです」と張り切っている。

「しょこたん☆ぶろぐ」を駆使し、ブログの女王の異名を取る“電脳しょこたん”が、科学をテーマにした異色ラジオ番組に臨む。

きっかけは、中川が先月上旬にニッポン放送「ヤンピース!」の1日特番パーソナリティーを務めたことだった。しょこたん語を使って、おもしろおかしくリスナーに伝えた彼女の独特な感性は同局スタッフをノックアウトした。時を同じくして、同局内で科学をテーマにした異色番組の制作が進行していた。

節丸雅矛編成副部長は「彼女の頭の回転の速さに驚き、レギュラー番組を持たせたいと、まず思いました。そこで実際に会話してみると、幼いころからアニメやコミックを通じてSFに限りない興味を持っていることを知り、彼女しかいないとオファーしました」と明かす。

新番組は科学雑誌「日経サイエンス」の協力を得て、未来のテクノロジー研究を実際に行っている大学の研究室スタッフをスタジオに招き、中川とサイエンストークを展開する。遺伝子工学やロボテクス、宇宙テクノロジーなどをテーマにしていく予定。ただ、難しく伝えるのではなく、学生たちから「ロボット研究をめざすきっかけが、実はガンダムだった」といった秘話を中川が引き出しながら、優しくていねいに解説していく。

中川は「文系だったんですけど、科学は大好きで、興味津々のワクワクする30分になると思います。中学のころは宇宙の本をたくさん読んでいました」と興奮気味に語り、「テンションが上がったら、思わず、しょこたん語も出ちゃうかもしれません。学生さんにいい質問や鋭い質問ができるようになりたい」と気合が入りまくり。

しょこたん博士の新感覚サイエンス番組は話題を呼びそうだ。



★しょこたん新アルバム19日発売!10・20に初ライブも

 歌手としても大活躍の中川は、19日に新アルバム「しょこたん☆かばー×2〜アニソンに愛を込めて!!〜」を発売する。10年前に放送された人気アニメ「るろうに剣心」のオープニング歌「1/2」など、4曲のアニメソングをカバー。初回盤に付くDVDには同曲のプロモーションビデオを収録した。10月20日には東京・渋谷C.C.Lemonホールで初コンサートを開く。



気になるランキングは?



posted by ちー at 13:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人:女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。