2007年09月06日

石原さとみ「犬の役だと思ってた!」

写真はクリックで拡大表示

石原さとみ
女優の石原さとみさん(20)とお笑い芸人の陣内智則さん(33)が声を担当するアニメ映画「シナモン・ザ・ムービー」(杉井ギサブロー監督)の公開アフレコが5日、東京都内のスタジオで行われた。

「ハローキティ」と並ぶサンリオの人気キャラクター「シナモロール」の世界を映画化した。雲の中から生まれた子犬のシナモンは、地上の「カフェ・シナモン」にやってきてアンナお姉さん(石原さん)や、同じ子犬のモカ、シフォンたちと仲良くなった。しかし、アンナのことが好きなやきもち焼きの魔法使いチャウダー(陣内さん)がやってきて、シナモンにいたずらを仕掛ける。ところが、魔法をかけ間違ってアンナを消してしまい、シナモンたちはアンナを救う旅に出る……という勇気と友情の物語だ。

石原さとみ石原さんは映画で唯一の人間のキャラクターを担当する。「犬の役だと思っていたので鳴き声をどうしようかと考えていたのに……。でも、お姉さんらしさが出せれば」と役づくりについて話した。陣内さんはチャウダーのほか複数の役を担当するが、「僕はこれから本格的な収録で、今日、監督と打ち合わせをしたところ。今まで(の作品では)2行しかセリフがないような役しかやっていなかったので、何役も出来てうれしい」と話した。陣内さんについて石原さんは、「チャウダーのイメージにぴったりの声でびっくりした」と絶賛した。

陣内さんは今回のアフレコを、妻で女優の藤原紀香さん(36)に報告したという。「大げさにやった方がええよ、とアドバイスをもらった」といい、その成果は「完ぺきです」と自信満々。「子供が出来たら映画を見せたいですか」という問いには、「子供が大好きなキャラクターだし、お母さんが見ても面白い作品になると思うので、ぜひ」見せたいという。しかし、「(子作りの)ご予定は? 頑張ってますか?」と聞かれると、「なんちゅう質問やねん!」とはぐらかした。

映画は「ねずみ物語〜ジョージとジェラルドの冒険〜」(波多正美監督)と二本立てで、12月22日から全国でロードショー予定。

[2008年カレンダー] - 2415円(税込)


シナモンのひみつの扉 - 1575円(税込)


気になるランキングは?


posted by ちー at 13:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人:女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。