2007年09月05日

本木雅弘、ビッキー・チャオの酒乱暴露

写真はクリックで拡大表示

本木雅弘
日中国交正常化35周年を記念した「2007年中国映画祭」が9月1日〜3日に開催されるにあたり、8月31日に東京・新宿の新宿バルト9で開幕式&日中合作映画「夜の上海」オープニング上映が行われた。上映前には、主演の本木雅弘とヒロイン役を演じた「少林サッカー」でおなじみのビッキー・チャオが舞台挨拶を行った。

「夜の上海」は、その名の通り上海の夜の街を舞台に、日本から来たカリスマスタイリスト(本木)と現地の女性タクシードライバー(ビッキー)が、国境や言葉の壁を越えて心を通わせていく物語。演じた役柄同様に撮影中も言葉の壁に苦しんだという本木は、ビッキーに対して「彼女の大陸的おおらかさと細やかな気遣いにすごく助けられた」と感謝の意を表しつつも、「時々お酒を飲みに引っ張りまわされたけど」と、人気女優の酒癖の悪さを暴露。するとビッキーも「本木さんの唯一の欠点は、私をお酒を飲みに連れて行ったことですね(笑)」と開き直ったコメントで会場を笑わせた。

「2007年中国映画祭」は、「日中文化・スポーツ交流年」における文化交流の一環として行われるイベントで、「夜の上海」を含む8作品の中国映画が上映される。開幕式では、中国映画監督協会副会長のチャン・ジャンヤ監督、上映作品「天狗」の主演女優ジュ・ユエンユエンら中国映画代表団が出席し、「映画を通じて両国のさらなる文化交流を発展させたい」と友好の意を表明した。また、日中文化親善大使を務める女優の酒井法子が花束贈呈に駆けつけ、本映画祭の開催を祝福した。

「2007年中国映画祭」は9月3日まで開催。また、「夜の上海」は9月22日より劇場公開される。

ナノアクア リッチ

純日本製の“鶏のとさか”から、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどを抽出&低分子化。

気になるランキングは?


posted by ちー at 22:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能:裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。