2007年09月03日

ベティ・ペイジ“伝説ピンナップガール”半生映画化

写真はクリックで拡大表示

ベティ・ペイジ
米国の伝説のピンナップガール、ベティ・ペイジの伝記的映画「ベティ・ペイジ」が、12月に日本で公開されることになった。本国では昨年4月に公開され、熱狂的な支持を獲得。日本上陸が待たれていた。

ペイジは50年代にニューヨークで活動したピンナップ・モデル。当時、人気絶頂だったマリリン・モンローの健康的お色気とは対照的に、ボンデージやSMファッションなどのエロチック路線で活躍。マニアの間ではカリスマとしてあがめられていた。しかし、保守派議員の追放運動などで、57年に活動を休止し、失そう。映画は謎の多いその半生に迫っている。

主演のグレッチェン・モル(34)は、レオナルド・ディカプリオ(32)らの相手役を務めてきた人気女優。ペイジのトレードマークの黒髪を忠実に再現し、見事に50年代のピンナップ・モデルになりきったと公開当時から話題になっていた。

歌手のマドンナ(49)がペイジのファッションをステージ衣装に取り入れるなど、昨今、再評価の機運が高まっている。国内外の雑誌では特集記事が相次ぎ、映画も注目を集めそうだ。



SALE!!
イン・ベッド・ウィズ・マドンナ [初回限定生産] / 洋画


気になるランキングは?


posted by ちー at 13:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人:女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。