2007年08月21日

CM:夏ならではの“狙い”の秘密

芸能人もご愛用。
今ならお試しキットが!!





平年より9日も遅れた梅雨明け宣言。それでも、CM総合研究所が実施した07年7月度のCM好感度調査TOP10の顔ぶれには、清涼飲料水をはじめ、夏を感じさせるブランドが並んだ。どのCMもしっかり“夏”を意識したクリエーティブが目立つ。

裏話1位はNTTドコモ。ドコモ2.0のシリーズが始まって以来、3カ月連続のNo.1だ。今回は長瀬智也が土屋アンナの実家の焼肉屋を突然訪れ、結局やりあってしまう2人の姿が描かれる。その焼肉屋は少し古ぼけ、下町風情が漂い、日本の夏特有の熱気が伝わってくる。

裏話2位はソフトバンクモバイル。こちらは一転、雪が舞う銀世界が舞台だ。キャメロン・ディアスが携帯電話で話しながら歩いていると、次第に強くなる雪に視界が遮られてしまうというもの。夏に銀世界という、これ以上はない涼しげなCMだ。

キムタクや多くの芸能人が愛用するG-SHOCKスピードモデル。
詳細は↓クリック↓




5位のauは、ヴァン・ヘイレンの「JUMP」をBGMに、吸い込まれるような青い空と白い雲の組み合わせで夏を真っすぐに表現。仲間由紀恵も日焼けしていて夏色だ。

裏話6位はパピコ。松浦亜弥が南の島でパピコを吸うという昨年の“夏らしい”CMから一新。今年は相武紗季と南海キャンディーズのしずちゃんが1930年代のシカゴのジャズクラブでが気怠げにパピコを吸う。季節商品ながら季節を排除したクリエーティブで、より印象的に仕上がっている。

♪♪♪多くの芸能人もやってるハリウッド発のヨガ♪♪♪


8位は東京電力のSwitch。青い空に美しい川が流れるどこか懐かしい風景が夏のさわやかさを感じさせるCMだ。この作品ではアンガールズ山根良顕がふんするカッパも登場。カッパといえばDCカードや黄桜のCMでもおなじみだが、現在「河童のクゥと夏休み」も上映されており、今年の夏はカッパがブームになるかもしれない。

真っすぐに夏を表現するCM、夏を逆手に取るCM、消費者の心をひきつける“狙い方”はさまざまだ。


posted by ちー at 12:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能:裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

久住小春、観月ひかるがユニット結成
Excerpt: 時東ぁみのすばらしさ今日も「時東ぁみ」についての記事を探してきました。最近、「時東ぁみ」で癒されることがあります。皆さんはどうですか?時東ぁみに関連する無料画像はこちらから→時東ぁみ 無料画像時東ぁみ..
Weblog: 小島よしおのネタ日記
Tracked: 2007-08-21 13:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。