2007年08月09日

コリアンシンガーZeroが歌う…韓国版「千の風になって」

VIVIにも掲載された韓国発のデニムブランド
多くの韓流スターもご愛用黒ハート






Zero
テノール歌手、秋川雅史(39)が昨年大みそかのNHK「紅白歌合戦」で披露し、人気に火がついた「千の風になって」の韓国版が、10月3日に韓国人歌手、Zero(35)の歌唱によって日本で発売され、年内に韓国でも発売されることが7日、分かった。

同曲の宣伝担当者によると、韓国版制作のきっかけは「千の−」の原詩翻訳者で作曲も手がけた作家、新井満氏(61)の熱いオファー。5月に知人を通じてZeroの存在を知った新井氏は、その歌唱力に感動した。韓国版の制作を考えていたこともあり、すぐさま依頼し、Zeroも快諾。企画がトントン拍子に進み出したという。

楽曲の翻訳はZero自らが担当。新井氏から楽曲の成り立ちを聞くなど約2カ月にわたり何度も打ち合わせし、渾身の韓国語詞を完成させた。

新井氏は「彼の歌う『千の−』は日韓に住む多くの人々に感動を与えると思う」と絶賛。Zeroも「新井さんから『この曲は悲しい曲じゃない。究極のラブソングだ』といわれ、そのことを考えながら大切に歌いたい」と話している。

posted by ちー at 16:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人:男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。